献血

本日のお話は、献血についてのお話をさせていただきます。

街でたまに見かけますよね 献血の募集。

実際に献血をされたことってありますでしょうか?

意外に少ないとおもいます。

実はわたしは、約15年ほど血液センターに勤務していたことがあります。

看護師として血液事業に携わってきました。

そこでの経験をもとに、献血に関することだったりそれにまつわるいわゆるウラ話しなどお話しできればと思います。

皆さんは献血に対してどんなイメージをお持ちでしょうか?

貢献したいけれど怖さがある、ですとか、献血後に貧血で倒れてしまうのではないか?など、もしかするとマイナスのイメージが大きいかったりするのかもしれません。

輸血に使用する血液というのは、現在の科学や医学を持ってしてもまだ人工的に造ることができず、長期保存することもできません。(せめて長期保存ができれば・・・)

献血の血液を必要とする多くの患者さんは、無償で提供される献血によって支えられているんです。献血の優しさが、そういった患者さんを日々救っています。

実感しにくく、見えにくいところでもあるんですが、とても助かっているんです。命を助けているんです。

現在日本では少子高齢化ですよね。

この影響は輸血の面でも大きな影響があります。というのも、輸血用血液の需要は比較的お年寄りに多く、需要としては高齢者が増えているということは輸血が必要な高齢者がも増えるということになります。

一方で、献血者の中心となる若年層の大幅な減少してきています。

つまり、供給が減ってきています。需要と供給のバランスが取れなくなってきているんです。

高齢化社会がこのような献血の視点でも影響があるというのはもしかしたら知らなかった人も多いのかもしれません。

なかなか気づけ無いことだとは思うのですが、輸血用の血液というのはとても大事なことだということはおわかりいただけたかとおもいます。

これを読んで、よし、献血に行ってみよう!と思ってくださる方が一人でも増えたならそれは嬉しいことです。

泡ワセリン Amazon

結婚相談所の加入に躊躇する理由

そう遠くない未来に真面目に結婚を考え始めて、結婚相談所の利用も視野に入れてある。であったとしても「結婚相談所というのはどのようなところで、どのようなシステムなのだろうかはっきり分かっていない…」「なんとなくハードルが高い…」というふうについつい二の足を踏んでしまってはいないですか?
そうした背景がありますからこちらのページでは、、結婚相談所への加入を決断できない人に対して、その理由とメンタルを説明していこうと思います。結婚相談所に関する心配をぬぐい取って、幸せで一杯の結婚生活へ一歩チャレンジしましょう。

結婚相談所への加入を決められないということは当たり前の事です。古くからある結婚活動方法ではありますけど、参加してみなければわからない点がたくさんあることが要因となって、加入には思い切りが大事になってきます。

真面目に結婚相手探しをする人オンリーが一ヶ所に集中する結婚相談所。世間から見てもそういった固定観念は強く、いよいよ結婚活動をするとなったら関心を寄せる人がたくさんいらっしゃいます。
その一方、加入を考えてはみるんだけど「料金プランやバックアップ体制といったシステムが分からない」「どんな人にも選ばれないとすれば呆然自失」というような理由で、戸惑ってしまう人はほんとに数多くいらっしゃるものです。
しかしながら、結婚相談所への加入を思い迷ってタイミングを遅らせてしまうと、さまざまなマイナスポイントが発生してしまうことになります。

結婚相談所の場合は初対面となるお見合いよりも前に、プロフィール画像や条件によるマッチングをしていきます。この条件にほとんどの方が年齢層を含めますから、結婚相談所に加入することが遅くなるほど、めぐりあいの数やクオリティーが低いものになってしまうのです。

それから加齢によって、結婚相手探しのための体力がなくなったり、御両親の介護の可能性が出てきたり、女性のみなさんの場合にはおめでた・子供の誕生出来なくなったりする可能性もあると思われます。
結婚相談所 一括資料請求