プログラミングとは?

2020年度、いよいよ小学校でプログラミング教育が必修化していきます。
ハイレベルなIT人材のが足りない状況、論理的思考力の育成…など、たくさんの背景があっての必修化と言われますが、それほどなじみのない方にしたら
「そもそもプログラミングというのは何?」
「我が子供は授業についていけるかな?」
と気に掛かるかもしれませんね。
このページでは「そもそも、プログラミングというのは何?」をかみ砕いて説明しようと思います。
「プログラミング」=コンピュータに命令することです。
「プログラミング」というのは「プログラム」を作り上げる作業のことを指します。
と言われても、「だったら、プログラムって何?」と疑問に思ってしまいますよね。

プログラムというのは、シンプルに言うと「コンピュータにさせる処理を、順序だてて書き出したもの」になります。
コンピュータというのは自分自身で考えることが出来ないです。例を挙げれば、一度も泳いだことのない人に「泳いで!」と言うだけではNGですよね。「とりあえずは右手を前に出して、後ろの方に向かって水を掻いたら、次に左手を……」とアドバイスしてあげなければいけません。
「泳ぐ」といった目的を実現するために、1つ1つの動きを順序だてて説明することが不可欠です。このことをコンピュータ相手にしていくことが「プログラム」になります。
人間の場合は、うっすらと予想して「次はこうしたら良いのかなあ」と動くことが可能ですが、コンピュータっていうのは想像する力がないのです。ひと通りの動きを厳密に、コンピュータにも読み取れる形で指示する(=プログラムする)ことが求められるのです。

コンピュータのプログラムの場合は、プログラムを作り上げるのは人間、アクションを起こすのはコンピュータだということですね。
「どうやって指示をするの?」は、運動会のプログラムの場合は「日本語」にはなりますが、コンピュータは日本語がわからないので「プログラム専用の言語(プログラミング言語)」で指示をすることが大前提となります。

スキルハックス 料金

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です