オールドドメインと新規ドメインの違い

ウェブホームページを作り上げるケースだと運営管理する方のほとんどすべてはウェブサイトに一番合っているドメインを調達するかと言えるでしょう。その上SEO対策効果を目指して頑張りたい場合は「中古ドメイン(オールドドメイン)」を確保したいと考えるかもしれません。

一昔前までのサーチエンジン最適化では、オールドドメインを利用するとある程度の検索エンジン対策効果があると報告されていました。
しかしながらGoogle検索エンジンのアルゴリズムが進化を遂げ続けているこの頃では、オールドドメインにもプラスポイントとマイナスポイントが見られると考えられています。
だとしたら2022年度の現時点、オールドドメインにどんなようなサーチエンジン最適化効果が期待できるのでしょうか?

サムい結果にならない選定方法も一緒にして説明を加えていこうと思います。
ドメインとはおおきく「新規ドメイン」と「オールドドメイン」の2つに分類できます。
これまでただの一人も使った事のないドメインを「新規ドメイン」、以前にいずれかの人が1回以上活用したドメインを「オールドドメイン」と呼んでいます。

オールドドメインが何かと言ったら、レジストラで高い価格で販売されている=オールドドメイン、というようなイメージを有している人もいるかと思いますけど、高い価格で販売されていないケースでも(新規ドメインと同額だったとしても)オールドドメインのものも存在します。

「以前にいずれかの人が1回以上活用した」というのはどういった状態でしょう?
ドメインはオーナーがいる状態では、その所有者が運営管理するウェブサイトだけでしか活用できません。しかしながらウェブサイトの運用が終了するなどによって、所有者がドメインの契約を終了すれば、それらのドメインはどのような人でもゲットすることができるようになります。

1つの例として、過去にブックマークしたウェブサイトに訪問すると他のホームページになり代わっていた、ということを体験したことはないでしょうか。

中古ドメイン 商標ペラサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です