これから必要とされる薬剤師像とは

薬剤師は今は人手不足であり売り手市場です。
就職や転職でも有利とされている分野でもあります。
しかしそpれに安倉を書いていてはいけません。
いずれこの薬剤師市場も飽和されていくからです。
薬剤師の大学も6年生となりより優秀な薬剤師の卵たちががどんどん参入してきます。
また薬剤師という資格が就職や転職に有利なことが認知されてもきています。
なにも進歩していかない薬剤師たちはいずれ淘汰されてしまうかもしれないのです。

また時代の変化とともに薬剤師という仕事も大きく様変わりしてきました。
以前は
医師が処方した諸商戦に基づいて正しくお薬を処方する
患者さんにもそのお薬の効果や用法・用量・副作用などの服薬指導
ことが薬剤師としての仕事でした。

ただ薬学部が6年制になり病態や治療についてより深い理解を持ち、薬物治療についてより貢献できる薬剤師を育成する流れになってきています。
薬剤師法も改正されました。
従来はたんなる「情報提供義務」だけでしたが今は「情報提供および指導義務」という表現居変更となりました。
これは必要な情報だけを提供すればいいという事ではなく、必要や薬学的知見に基づいたアドバイス指導を行わなければならないという時代になったのです。

ですからこれからの薬剤師の求められてくることは
・深い薬学的知見
・他職種とのコミュニケーション能力
ではないでしょうか。

常に自己研鑽を怠らず最新の薬学的知見を深めておかなければなりません。
また今は薬剤師も他の職種との連携が不可欠です。
従来の医師や看護師だけでなく介護などの職種との連携も不可欠になってきています。
医療でも従来の外来中心の医療に限らず、訪問医療という分野のマーケットも大きくなってきました。

当然のことな薬物治療に貢献していくためには薬剤師だけではなく他職種との良好なコミュニケーション能力も必須になってきています。

薬剤師は自分の知見をその時々に応じた情報を他職種の方々にも適切に提供していかなければならないのです。
薬剤師 転職 育休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です