猫は耳と尻尾で自分の気持ちを伝えている

猫の感情は巣に似合わられるのが耳と尻尾です。
このあたりを知っていれば、猫の気持ちもグッとわかりやすなります。

猫は人間の言葉になんか興味はありませんが、飼い主には自分の気持ちを全身で表してきます。
特に耳や尻尾は意思表示の塊出wす。
ですから猫とコミュニケーションをとりたいと考えているのは猫ではなく飼い主である人間のほうですから、このみみと尻尾には関心を持ってください。

猫の尻尾はおしゃべりです
猫の尻尾を観察してみてください、。
たとえば猫のしっぽがピンと上に立てて身体をこすりつけてきたら・・・
これは
「ご飯 まだぁ?」
と催促の合図です。
最初の頃は名前を呼べば「ニャーオ」と返事をしてすり寄ってきた猫でも、飼い主との付き合いが長くなってくると面倒になってきます。
名前を飛んで返事をするのは尻尾をぴくッとさせるだけになりあmす。
それでも猫からすれば
「ハイハイ、なんですか?」
という返事でもあるのです。
まあ、何度も猫の名前を呼ぶと、
「うるさいニャアー」
と尻尾を2~3回振ったりうしまう。
さらに呼び続けると
尻尾を左右に大きくパタンパタンと降り始めます。
これは
「うるさい!あんまりしつこいと怒るいよ!もぉ」という感じの意思表示です。
また相手を威嚇する時は尻尾の毛まで逆立てて普段の3倍くらいの太さになる時もあります。

耳が横に広がっている時は緊張や警戒している時に良くする動作です。
耳を後ろに伏せている時は攻撃モードの時です。
飼い主とじゃれついている時でも、なにか飼い主の足にでもちょっと本気で攻撃を仕掛ける時はいつも耳が後ろに引いて伏せられています。

猫の耳と尻尾を観察するだけでもかなり猫の気持ちがわかりやすくなります。
ふだんから愛猫の耳と尻尾には気を配ってみてください。
猫波いつもいきままで人間の気持ちなどは理解しようとしません。
ですから人間のほうから猫の気持ちは察してあげなくてはいけないのです。
このあたりは猫によっても、また猫の種類によっても陣差があります。
こんな時はこんな尻尾と耳のサインが出ていた
そんな経験の積み重ねが愛猫とのツーカーの中になるコツでもあります。
老犬 夜泣き 寿命

猫の習性

世界で一番好きな動物は、猫です。犬も好きだけど、猫が一番好き。という猫好き人間はたくさんいますね。わたしはその中の一人です。大・大・大好きです。

猫が大好きなのに、飼っている猫の気持ちがわからずに苦労したこともあります。猫の気持ちを理解したいと感じている人はすごく多いと思いますよ。恋愛にも似た感じなんですよね。

猫の気持ちを知るには、猫の習性を知ることが大事です。猫の習性の基本としてまず押さえておきたいのは、猫はわがままな生き物で気まぐれであるということです。

長年飼っていても猫の気まぐれな気持ちはなかなか理解できないものですが、ちょっとした仕草や習性を知ると、多少歩み寄れるものです。人間でもそうでしょう?言語の通じない外国人でも、理解する術があるのと同じでしょう。

猫がよく発するゴロゴロ音は、喉の奥の方から聞こえる音ですね。この音は猫が嬉しいとき、気持ちいいとき、安心しているときなど、気持ちがプラスの時に鳴らす音なのです。

わたしは初めて猫を飼った時には、この音を嘔吐する前兆だと思ってびくびくしていたものです。「喉を鳴らす」というのは言葉でしか知らなくて、初めて聞いた音だったのですもの。

このゴロゴロ音は、子猫が母猫に存在を知らせるために出す音だそうです。この音を聞くと母猫は母性が刺激されて母乳の出が良くなるそうです。創造の知恵ですね。創造者を称えたくなるでしょう?

猫は成長してからも、小さいときの名残で機嫌がいいとゴロゴロと音を出すそうです。猫を抱いているときや撫でてあげた時にこの音が聞こえたら、猫は安心して甘えているのです。ラブを感じますね。

猫は顔や首の周りを撫でてあげるととても喜びます。いやいや、人間も同じでしょう。わたしだって好きな人に顔や首の周りを撫でられたら喜びます。嫌いな人にだったら噛みつくかもしれません。この点は猫も人間も変わりないですね。

猫の習性の二番目は、たくさん寝るということです。猫は寝てばかりいるように見えませんか?一日に14~16時間くらい寝るのです。子猫は20時間くらい寝ます。老猫も同じくらい寝ます。

猫は夜行性の動物なので、夜に人間が寝た後に活動して昼間は寝ています。だから人間には、猫は寝てばかりいるように見える…というのが通説ですが、飼い猫は夜に寝ていますよね。飼い主とともに寝て、飼い主の少し前に起きませんか?

あぁ、猫ほどかわいい生き物はいないような気がします。猫といるだけで幸せ。でも猫は腎臓病になりやすいので飼い主が注意してあげてください。猫 腎不全 治療費 払えない

これから必要とされる薬剤師像とは

薬剤師は今は人手不足であり売り手市場です。
就職や転職でも有利とされている分野でもあります。
しかしそpれに安倉を書いていてはいけません。
いずれこの薬剤師市場も飽和されていくからです。
薬剤師の大学も6年生となりより優秀な薬剤師の卵たちががどんどん参入してきます。
また薬剤師という資格が就職や転職に有利なことが認知されてもきています。
なにも進歩していかない薬剤師たちはいずれ淘汰されてしまうかもしれないのです。

また時代の変化とともに薬剤師という仕事も大きく様変わりしてきました。
以前は
医師が処方した諸商戦に基づいて正しくお薬を処方する
患者さんにもそのお薬の効果や用法・用量・副作用などの服薬指導
ことが薬剤師としての仕事でした。

ただ薬学部が6年制になり病態や治療についてより深い理解を持ち、薬物治療についてより貢献できる薬剤師を育成する流れになってきています。
薬剤師法も改正されました。
従来はたんなる「情報提供義務」だけでしたが今は「情報提供および指導義務」という表現居変更となりました。
これは必要な情報だけを提供すればいいという事ではなく、必要や薬学的知見に基づいたアドバイス指導を行わなければならないという時代になったのです。

ですからこれからの薬剤師の求められてくることは
・深い薬学的知見
・他職種とのコミュニケーション能力
ではないでしょうか。

常に自己研鑽を怠らず最新の薬学的知見を深めておかなければなりません。
また今は薬剤師も他の職種との連携が不可欠です。
従来の医師や看護師だけでなく介護などの職種との連携も不可欠になってきています。
医療でも従来の外来中心の医療に限らず、訪問医療という分野のマーケットも大きくなってきました。

当然のことな薬物治療に貢献していくためには薬剤師だけではなく他職種との良好なコミュニケーション能力も必須になってきています。

薬剤師は自分の知見をその時々に応じた情報を他職種の方々にも適切に提供していかなければならないのです。
薬剤師 転職 育休