得意分野を作ってブランド化すればやりたい仕事ができる

人には誰でも得手不得手がありあmす。
そしてだれでも苦手なことはあまりやりたくないし、仕事もはかどりあm線。
そこでおすすめは「自分お得意分野を作ってまわりにアピールする」ことです。

「この仕事は◎◎さんだ」
そんなブランドが社内に浸透すれば、やりたい仕事(特異な仕事)がどんどんまわってくるmののです。
確かに若いうちはいろいろな仕事を経験してみることはとても良いことです。
しかし、社内で中堅的なポジションになる前にある程度の得意な分野は磨いておく必要があります。
それはなにも難しいことばかりではありません。
たとえば不動産屋さんなら
「この◎◎のエリアは▲▲さんが詳しい」
でもかまいません。
他にも
「エクセルの関数のことなら◎◎サンに聞けばわかる」
「外国からのお客さんは◎◎さんい任せよう!彼 カタコトだけど英語話せるよね」
などなど何でもいいのです。
他の人よりもほんの少し得意なことがあるなら、積極的にそれをまわりにアピールするのです。
そうすれば得意なことに関する仕事が回ってきます。
そうすればますますその得意分野が磨かれていくのです。
そしてそれはあまり苦になりあm線。
なぜなら、自分の不得意分野を人並みの平均にまで持ってゆく努力よりも、今自分の得意な分野のスキルアップのほうがはるかに簡単で楽しいからです。」

ただ勘違いして欲しくないのは
「若いうちの苦労はかってでもしrと」
というのは正しいことd芽生あります。
あまり若いうちから
「自分はこうなんだ」
なんて決めつけないでください。
会社の業務をひととおり経験してみてから自分お得意分野を探しても遅くはありません。
自分の得意なことがなにか?そうそう簡単には見つかりません。
また、自分では気づかないがヤ人から重宝されることって意外とあるモノなんです。

ちょっとしたことでも
「あいつ、やるな」
「あいつ、使えるな」
そんなことが上司の目に止まれば、仕事位は一気に楽しくなります。
サイン 作り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です