体臭のニオイにも3パターンあるの知ってた?

体臭のニオイにも3種類あります。
①体表面体臭
②体内体臭
③町内体臭
です。
ニオイが発生する場所で分類できるんです。

①体表面体臭
体表面体臭は身体の表面。
つまりお肌の表面から発生される体臭です。
代表的なものは
・ワキガ
・汗をかくことによって発生するニオイ
です。
これらの体表面体臭に効くのは
・通気性をよくする
・こまめに拭き取る
ことです。
ワキガ体質でもないのであればこの程度でも十分に体表面体臭は抑えることができます。

②体内体臭
体内体臭は、心身のストレスや病気によって身体の中からニオイが発生するものです。
新陳代謝の異常や口腔内・副鼻腔の炎症、あるいは胃炎などの病気によって汗臭や講習や尿臭が臭くなるんです。
この場合のニオイケアは病気のサインでもありますから元の病気を治療することに努めなければなりません。
病気のケアは個人ではできないことも甥ので、適切な処置を行ってくれる医師に相談してみましょう。
さらに規則正しい生活やキチンとした食生活などなにより身体の調子を整えていかないとこの体内体臭の元は断てません。
③腸内体臭
腸内体臭とはその名の通り、腸の中からニオイが発生するものです。
食べた物が分解される時や腸の中に残て腐敗した時に発生してきます。
最近では肉食が増えたことも原因ともいわれています。
少し前に日本人はあまり体臭がキツなかったのです。
しかし肉食文化がすっかり定着してしまった今の日本です。
そうすると欧米人のように体臭がきつい人たちが増えてきたのです。

腸の中のニオイは口臭やオナラでも出てきますが、身体全体にも出てくることがありますy。
大量にニンニクが入った料理を大量に食べた時、いくら歯を磨いてもニンニクのニオイが消えない経験をしたことがあるふいとは多いはずです。

このようにニオイにも3パターなって、それぞれの種類によって対策を変えなければなりません。
あなたの体臭のニオイはどこから発生しているか?
わかっていますか?
イビサソープ 使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です