ロレックスなど機械式腕時計の動く仕組みを理解しておこう

ロレックスなどに代表される機械式腕時計がどうやって正確に「時」を刻んでいるのか?
その基本構造や原理はロレックスなどを身につけるならぜひ知っておいておきたいウンチクでもあります。
原理や
構造が正しく理解していれば、
それぞれの時計の個性や特徴、使い方などの注意点だってグッとわかりやすくなりあmす。

そもそも機械式時計が動く原理を簡単に言うと
時計内部にあるゼンマイがほどけていく際に生じる回転エネルギーをテンプルなど調速・脱進機でスピード調整しながら60ふにゃ60秒で回転する歯車類に順番にその力を伝えることで動いているのです。

でも、これって言うのは簡単ですが腕時計の歴史の中でその実現にはかなりの時間がかかったのです。
調速機能や輪列機構などに1/1000秒程度の後い差が出ただけで計算上で1日1分半ほどの誤差が出てしまいます。
※1日(86400秒)÷1000=86秒)
1日1分半も狂うと10日で15分もくるってしまいます。
これでは実用に問題が出てきてしまいます。

そのため機械式時計を開発していた腕時計メーカーは部品の工作制度を上げ、仕上が調整に様々な工夫を施してきたのです。
その手間や技術が機械式時計の値段にも影響しているのです。
単に正確な腕時計を求めるならクォーツ式の腕時計でいいのですが、やはりそこに
ロマンを感じる人は機械式腕時計をたあっくても手に入れたくなるのです。

なかでもこの調速・脱進機構部は重要です。
ゼンマイの力を歯車1番車~2番車~3番車~4番車と伝えて
観んぎしゃ
アンクル
テンプ(ヒゲゼンマイ)へと伝えて正確にテンプを振幅させています。
このテンプの振幅(1秒間に5~10回)正確に心服を繰り返し、機械式時計はそれをベースに1秒、1分、1時間を正確に刻んでいるのです。
このように精密を極めた機械式ムーブメントだからこそ定期的なオーバーホールで注油したり調整したりする必要が出てくるのです。

形見 時計 使う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です