ワキガを完全に防ぐのは難しいから治療も考えて

ワキガや多汗症
これはもはや病気なのできちっとした治療がおすすめです。
根本的に治すのなら手術という選択も検討しなければなりません。
手術といってもせいぜい1時間程度の簡単なものです。

一般的な体臭は、肌を清潔に保ち制汗剤を使うことによてある程度防げるものです。
しかし、わきがの場合はそれだけで防ぐのは難しいのが現実です。

ワキガ治療にはマイクロ法という方法が使われます。
これは脇のしわにそって2~3cmほどカットしてアポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺などを直視しながら取り除きます。
大きなメリットは取り残しが少なく再発の可能性が低いことです。
手術の傷口も小さく、術後の腫れや赤みも少なく合併症もほとんどありません。
最近はボトックスを脇に注射する方法も人気ですが、これはアポクリン腺などニオイの原因となるy部分の根本的に治療するものではありません。

このボトックスをワキに注射する方法は、一時的には効果がある物のアポクリン腺などニオイの原因となるものの活動を抑えるものです。
ですので、再発防止のためには繰り返しの治療が必要になります。

一方、マイクロ法ではアポクリン腺の除去など根本的な部分から改善でき脱毛効果もあります。
また多汗が抑えられるメリットもあります。

どうしても、
「手術でメスを入れる」
と言われるとおよび腰になるのは仕方ありませんが、手術といてもそんな大手術ではありません。
傷跡も脇のしわに合わせて行うのであまり目立つことはsないと思います。

もともと体臭は欧米人委多く、昔から日本人はああmり体臭のきつい方は少なかったものです。
しかし、食生活の欧米化などからか最近では自分の体臭
特にワキガで悩む方が増えてきています。
デオドランド商品もたくさん販売されていますが、根本的な治療ではありません。
1~2時間程度の手術でそのワキガの悩みから解放されるのですから、一度検討してみる価値はあるともいます。
クリアネオ すそわきが